受賞作品掲載ページは
こちらから!
題名「実験室」  F50
分子細胞生物学研究室へようこそ


渡部憲幸美術館は
こちらから!
わたなべのりゆき
渡部憲幸 のギャラリー  渡部 憲幸:元研究生(H1-H2)

古典的な手法を用い、人生観を絵に込めることを目的とし絵画の制作を行っております。

分子細胞生物学シアターメインページ  

渡部憲幸入選入賞・個展 歴
愛媛県展 創元会展
1 1993年  愛媛県展入選
2 1994年  愛媛県展入選
3 1995年  愛媛県展「推奨」
4 1996年  愛媛県展入選 55回創元展入選
5 1997年  愛媛県展入選 56回創元展入選
6 1998年  愛媛県展「特選」 57回創元展入選
7 1999年  愛媛県展入選  58回創元展入選
8 2000年  愛媛県展入選 59回創元展入選
9 2001年  愛媛県展「推奨」 60回創元展入選(会友となる。)
10 2002年  愛媛県展入選 61回創元展 「創元会次賞」受賞
11 2003年  愛媛県展「特選」 62回創元展入選
ギャラリー風公募展「特選」
9月14日〜9月23日まで ギャラリー風創元会渡部二人展開催

注:創元会とは・・・。東京・社団法人
日本の代表的な美術団体で、昭和15年11月創立。鈴木千久馬,大久保作次郎,中野和高ら11名の会員により“明朗にして,かつ精進し得る画壇を要望し"の主旨で結成。第1回展を16年5月,東京・上野の日本美術協会において開催。また18年の第3同展からは,会場を東京都美術館に移すとともに,巡回展として当時の満州の安東奉天,新京の各地で開催した。19年第4回展は公募できず,翌20年は,遂に戦争激化のため休催。戦後21年5月再開。第5同展を東京都美術館において開催,今日に至る。巡回展として京都,岡山,高松,大阪,福岡,浜松,大分などで開催。