スオウノキ:brazil wood

インド、タイ、マレーシアなどを原産とする權木である。すおう(蘇芳)の名はマレー語のSappngを中国で音訳した言葉。赤木、蘇木などと呼ばれることもある。

幹の心材は黄色だが、空気にさらすと酸化して赤褐色になる。そのため、木工芸品の素材として利用するほか、心材を煮沸して得られた煎汁を染色に用いる。

色素は Brasilin C6H14O5     で、ロッグウッドの色素Haematoxylinと近似の化合物である。

brasilin.GIF (3482 バイト)