「襲ねの色目」になった草花

「襲色目」とは

その他の襲色目

「色」について  

平安時代の衣服について

「襲色目(かさねいろめ)」とは、平安時代の人々の衣服(十二単など)の、表、裏と

重ねた衣の色の組み合わせのことです。

  襲色目には、2枚以上の布を重ねて表現する「衣の表裏による襲色目」と、

布を織る時に縦糸と横糸の色の違いで表現する「織糸の襲色目」

とがあります。当時の貴族たちは、この、衣や糸によって生み出される

色の重なりのヴァリエーションによって季節に応じた

花や草木のイメージを表現し、身に纏ったのです。

このページでは、そんな当時のファッションに模された草花を

季節ごとに、色目とともに紹介していきます。

その他 

の襲色目 を見る

生物の慣用名と学名

文化を担った生物たち

総合INDEX ヘ戻る

「枕草子」で紹介された生物 ヘ行く