清少納言(せいしょうなごん)

 歌人であった清原元輔の娘で、その才知を買われ、一条天皇の皇后定子(ていし)のもとへ女房(女官)として出仕していた。

正式な名前は不明。「清原一族の娘で、女房名(女官としてのコードネーム)が「少納言」であった女の人」ということから「清少納言」と呼ばれた。