雀(すずめ)

第二十九段

 

第二十九段(一部)

  こころときめきするもの。の子飼。

説明・ 「心がときめくもの」の紹介。雀の子を飼うことのほか、赤ん坊をあそばせている所の前を通るとき、上等の香を炊いて一人でねそべっているとき、などが挙げられています。

 

 

枕草子で紹介された動物 へ戻る