蛍   (ほたる)

  夏の「すてきなもの」。月夜、闇夜のほたる(たくさん光っているのも一つ二つひかっているのも)、また、雨がふるのも素敵!と言っています。

第一段(抜粋)

  夏はよる。月の頃はさらなり、やみもなほ、ほたるの多く飛びちがひたる。また、ただひとつふたつなど、ほのかにうちひかりて行くもをかし。雨など降るもをかし。

枕草子で紹介された動物 へ戻る