「色」について

「襲色目」とは

その他の襲色目

「色」について  

平安時代の衣服について

平安時代の人々の衣服(十二単など)の色目に用いられる衣の色は、主に植物から抽出した色素を用いて

それぞれの屋敷の染殿(専用の作業場)で染めあげられます。

染料を幾つか用いて混色したり、濃度を変えたりすることで好みの色を表現しますが

染めの具合について指揮するのは屋敷の女主人で、

同じ染料で染めた同じ「色」の衣でも、染めた人のセンス次第で見えかたが違ってくるのです。

代表的な「染料」は以下の通りです。

(これらの染料を灰汁などで処理して、色の濃淡や変化をだしていました)

蘇芳

鬱金

生物の慣用名と学名

文化を担った生物たち

総合INDEX ヘ戻る

「枕草子」で紹介された生物 ヘ行く