平安時代の衣服について

「襲色目」とは

その他の襲色目

「色」について  

平安時代の衣服について

男装束 女装束
男の人達は、普段家にいるときは普段着(直衣)。

正装(衣冠・束帯)のときは、身分や位に応じて、格好や上着の色に取り決めがありました。

直衣

 

女の人達は表に出る(男性に姿を見せる)ことはありませんが、身分の高い人に会う時などは正装(十二単の上に裳・唐衣を着用)します。

 

単衣(下からうちぎ、打衣、表着。形の同じ着物だが、上に着るか下に着るかで呼びわけている。羽織るような感じで重ね着。)

唐衣(一番上に羽織る丈の短い着物。ジャケットの様なもの)

領巾(背中から肩にかけるショールのような飾り。)

(一枚布を後ろから腰に巻き付けたようなものスカートの後ろ半分みたいな感じで、後ろにひらひらしている)

引腰(腰から後ろにたらす飾り布)

(下半身にはく)

生物の慣用名と学名

文化を担った生物たち

総合INDEX ヘ戻る

「枕草子」で紹介された生物 ヘ行く