細胞小器官(オルガネラ、organelle)の名称と機能

 

細胞の中あるいはそのまわりには細胞の形態や機能に直接関りをもつ種々の器官が存在する。これらのものを細胞小器官と呼び、細胞壁のように細胞膜の外に存在するものもある。いずれにしても脂質の膜で形作られている膜系細胞小器官と脂質の膜を持たない膜系細胞小器官に大まかに分類される。しかしながら、小胞体リボソームからなる粗面小胞体のように、膜系と非膜系の小器官が結び付いて一つの小器官となったり、CM−コンプレックスのように複数の細胞小規官が複合体となることもある。 機能や名称、働きなどのキーワードによる検索

 なお、細胞小器官の名称はラテン系などの言語に由来するものが多く英語名の品詞による綴り変化が典型的な英語タイプではないものについて、その単数形とともに、複数形(pl.)及び形容詞形(adj.)を示した。

膜系細胞小器官(Membranous organelles)

細胞膜 (plasma membrane cytoplasmic membrane, plasmalemma)

核(nucleus, nuclei (pl.), nuclear (adj.)

核小体( nucleolus, nucleoli (pl.), nucleolar (adj.)

ミトコンドリア (mitochondrion, mitochondria (pl.), mitochondrial (adj.)

葉緑体 (chloroplast, chloroplastic (adj.)

 

小胞体 (endoplasmic reticulum, endoplasmic reticula (pl.)

滑面小胞体 (smooth endoplasmic reticulum, ...reticula (pl.)

粗面小胞体 (rough endoplasmic reticulum, ...reticula (pl.)

液胞 (vacuole, vacuolar (adj.))  

  1. 細胞内で膜に囲まれて存在する透明な水溶液部分で、内部には糖・有機酸・アルカロイド・色素等、その細胞特有の成分を含む。正常動物細胞では認められる例が少なく、植物細胞では老化とともに大型化する。液胞はその吸水力により膨圧を生じて細胞壁の緊張状態を保たせる。これの成因は細胞の老化による老廃物の蓄積にある。

ペルオキシソーム (peroxisome,peroxisomal (adj)

 

白色体 (leucoplast)

 

ゴルジ小胞 (golgi vesicles)

リソソーム (lysosome、 lysosomal (adj)

ディクチオソーム (dictyosome、dictyosomal (adj.)

ゴルジ(golgi)

タンパク質顆粒、タンパク質小体protein body, protein bodies (pl)

収縮胞 (contractile vacuole)

アメーバなどの原生動物によくみられる袋状の器官で細胞内に侵入してくる余分な水を吸収し貯留し拡大する。やがて細胞膜へと移動して細胞膜と融合してexocytosisにより吸収した水を細胞外に排泄する。

食胞 (food vacuole)

細胞が大きな物質を取り込み消化する過程で生じる袋状の器官である。細胞質が細胞質内に陥没し物質(外液、物体、餌等)たのち外側が閉じて形成される。この取り込み過程をendocytosisという。この取り込んだ物質は食胞の中で消化されて細胞質に吸収されるなどしたのち、食胞が細胞膜と融合するという逆の過程で残物が細胞膜から外部へと排泄される。この排泄過程をexocytosis という。

グリオキシゾーム (glyoxysome)

油脂を貯蔵する植物種子の発芽過程などで貯蔵脂肪を消化して低分子にかえる働きをするmicrobodyに似た細胞器官である。

 

デスモソーム (desmosome

細胞間連絡(plasmodesmata )

細胞骨格 (cytoskeleton)  

中心小体 (centriole )

リボソーム (ribosome, ribosomal (adj.)

ポリソーム (polysome, polysomal (adj.)



分子細胞生物学の表紙に戻る   分子細胞生物学研究室図書館  検索に戻る

ヒット カウンタ 981203   Note: bunnshi/organel.htm=organella/organel.htm