組み換えDNAの手法と応用、展望

一般的に遺伝子組み換えとは、化学的方法により遺伝子DNAに塩基配列変異を挿入、結合、または入れ替えることを言います。交配による同様の操作や薬品や放射能によるDNAの変異誘導は含まれません。

 遺伝子組み換えはいまや医学・生物学研究、生物鑑定、診断、医療、バイオマスの工業生産等に不可欠な技術であり、農林水産業においても育種法のひとつとして重要になっている。

 

遺伝子研究の手段

 

たんぱく質生産における応用

1.たんぱく質の発現生産

2.たんぱく質工学

たんぱく質の機能改変、創造

3. 生物改変と創造

4.医薬、医療への応用

 

分子生物学ホーム

バイオテクノロジーホーム 

 .