日本の栄養学史上に残るエピソード: ビタミンと麦飯そして日露戦争

 

  皆さんはビタミンB1というのをご存知でしょうか。 脚気という足がむくれ動けなくなりひどくなると死んでしまう病気で、科学が解明するまで未知の病として人々に恐れられた病気です。 科学的な研究の結果、ビタミンB1の欠乏による食餌性の病気であることが明らかになって、現在はなにも恐れる必要のない病気です。 

   この病気の原因の究明に日本帝国海軍の高木兼寛を筆頭とする軍医集団が大きな貢献をしたことは有名ですが、じつはこの病気の予防と治療をめぐって帝国陸軍とのあいだに大変な論争があったのです。 海軍では、動物実験を含めた科学的実証研究により、この原因は白米を中心とする食事に原因があると結論しパンの給食を実施しましたが、水兵たちが気味悪がって海に投げ捨ててしまうということがおこり、結局麦めしの給食を実施することでようやく解決しました。 ところが帝国陸軍のほうでは森鴎外という軍医が、皆さんは文学者としてなじみだと思いますが陸軍軍医総監にまでなた人物、麦やパンの給食に猛烈に反対したのです。 彼の反対の根拠は極めて感情的で、”白米食は日本の伝統的食事であり悪いはずはない。 一方、麦飯のようなあやしげな漢方の処するものなど食べるわけにいかない。”と軍内で激しいキャンペーンをぶち上げたのです。 彼はドイツで細菌学を修めたものの、既成概念にとらわれ観念的な議論を展開し、海軍の実験に対し追試もせずに”日本兵食論”という論文を留学先のドイツから書き送っています。 その結果、帝国陸軍では白米中心食をあらためようとはせず、むしろその海軍軍医を要職から蹴落とそうとし、そのような研究の発展を妨害したのです。 この帝国海軍と陸軍の脚気をめぐる”全面戦争”は日露戦争の有名な戦いすなわち旅順と奉天の戦いで陸軍は脚気の患者数万名と数千名にものぼる死者を出して敗北し海軍はほんの数人という華々しい戦果をあげて勝利したのでした。 ちなみに日清戦争全体では17万人の兵を送り4万人の脚気病患者と4000人のそれによる死者、日露戦争全体では100万人うち20万人の患者と2万7千人の死者をだしそのほとんど全部が陸軍だったのです。その後、反麦飯キャンペーンの森鴎外が死去したあと、この海軍での科学的研究はホプキンスらのビタミンの発見(ノーベル賞1929年)につながったのでした。 それはもう今から70−100年前のことだったのです。 これに先立ち1916年に日本では鈴木梅太郎が脚気に効く成分として米ぬかから”オリザリン”すなわち、ビタミンB1を取り出し結晶化したことはよく知られていることです。 現在、ビタミンの重要性と伝統的な白米食の問題点を理解しない人はいないでしょう。 

   この話、われわれの食糧革命になるはずのGMOがフランケンシュタインの食べもので科学は当てにならず、伝統こそが無定義に善であるという現在の反GMOキャンペーンとどこか似ていませんか。 議論はやはり科学に立脚すべきなのですーWebmasterより。

もどる  育種ホーム ライフサイエンスホーム  .図書館ホーム  研究室ホーム