China sows seeds of GM crop expansion

BY NICK NUTTALL, ENVIRONMENT CORRESPONDENT

中国は遺伝子組換え作物の作付けを拡大する

Japanese     English

CHINA has begun a huge push to commercialise genitically modified crops, with around half of its fields expected to be planted with GM rice, tomatoes, sweet peppers and potatoes in five to ten years.

中国は遺伝子操作をしたイネ、トマト、スイートペパー、およびジャガイモの作付けを5から10年以内に国内の全農地の半分ぐらいまでに拡大することを強力に推進しはじめた。

Professor Zhangliang Chen, the vice-president of Beijing University and a leading scientific adviser to the Chinese Government, said the rise of GM crops was now unstoppable. He was speaking during a conference in Edinburgh involving more than 400 scientists, environmentalists and policymakers, called by the Organisation for Economic Co-operation and Development to provide advice on GM issues.

北京大学の副学長であり、中国政府の指導的科学顧問であるZhangliang Chen教授は、遺伝子組換え作物の作付けもはやとめることはできない。 かれはOECDが遺伝子組換え問題についての見地を提供するためにひらいた、400名以上の科学者、環境主義者、そして政策策定者の参加するエジンバラでの国際会議で講演した。

  イギリスでは大衆の力の波により、遺伝子組換え開発のペースがスローダウンしているが、中国の農家は遺伝子組換え作物の殺虫剤使用の減少や除草剤必要量の低さと安定な収穫といったことに感銘を受けたとChen教授は語った。 現在、1,482,000エーカーと見積もられる−ケント州のほぼ2倍の広さの面積で遺伝子組換え作物が栽培されていると彼は語った。 しかし、実際の面積は200万エーカーという広さに上るかもしれない。

The wave of public concern in Britain had slowed down the pace of GM development, but farmers in China were impressed by reduced pesticide and herbicide requirements and bumper yields from GM crops, Professor Chen said. He estimated that there were now at least 1,482,000 acres - an area twice the size of Kent - of GM crops in China but the true area might be as high as two million acres.

 去年、スコットランドのRowett 研究所のアルパッド パツタイが、組換えジャガイモを食べたラットが非意図的に持ち込まれた遺伝子により胃に障害をうけたとして遺伝子組換え食品の安全性についての警告に火をつけた。 しかし、中国ではラットに対する種々の遺伝子組換え食品の影響を調べる精力的な試験が敢行されたが、まもなく出版される予定のこの研究で、遺伝子組換え食品を食べたラットは通常の食事のラットと比較して、各内臓の健康状態および重量において有意のさは見つからなかったとChen教授は語った。

Last year Arpad Pusztai of the Rowett Institute in Scotland triggered alarm over the safety of GM foods after claiming that rats fed potatoes altered with a snowdrop gene suffered stomach damage. But Professor Chen said China had carried out exhaustive trials with a range of GM foods on rats. He said the work, expected to be published soon, compared the condition and weights of the vital organs of rats fed GM foods with those on conventional diets. "There were no significant differences," Professor Chen said.

パツタイ博士と他の科学者はいったん新しい遺伝子、たとえば病害抵抗性の遺伝子が植物のDNAに挿入されると数世代に渡って細胞核内のいろんな場所に飛び回るという問題を提起した。 このことは挿入した遺伝子が他の遺伝子と予測できない相互作用を引き起こす可能性を提起するものである。 しかしながら、Chen教授は中国では、幾百の作物試料をもちいて詳しい遺伝学的調査を行ったがコントロールと同様、遺伝子組換え植物の96%のDNAは、安定に保持されると言うことがわかった。

Dr Pusztai and other scientists have raised concern that once a new gene, for example for pest resistance, was inserted in a plant's DNA it could "jump around" into different locations of the cell nucleus over several generations. This, critics argue, can lead to the inserted gene interacting with existing genes in novel and unforeseen ways. But Professor Chen said China had carried out detailed genetic studies on hundreds of crops and found that the DNA of 96 per cent of GM plants remains stable, as in the control.

  彼は”膨れ上がる中国の人口による食糧危機は遺伝子工学のみによって解決されるだろう”と述べた。 

He said the booming Chinese population threatened a food crisis which only genetic engineering could solve.