インドはバイオテクノロジーの排除を許せない。

Dr. Prakashは発展途上国では増加する人口を養うために限られた土地や水資源ならびに増加する環境ストレスの制約に直面しバイオテクノロジーの”責任ある利用”を呼びかけている。

`INDIA CAN'T AFFORD TO IGNORE BIO-TECHNOLOGY' Feb. 18 2000 Hindu Business Line Harish Damodaran NEW DELHI --

Dr. Prakash also exudes a refreshingly evangelical disposition, when he calls for promoting the `responsible use' of bio-technology in enabling developing countries to feed their expanding populations in the face of limited land and water resources and growing environmental stress constraints.

”遺伝子革命”は、彼は取り組んでいるが、これまでの”緑の革命(Green Revolution)”に比べるとはるかに環境にやさしい。 この”緑の革命”では、育種者が必要な遺伝形質を宿す野性の近縁種と自然交配させることを必要とする。 今日、開発されているサビ病抵抗性、高収量小麦品種は、たとえば、ひとつかそれ以上のサビ病抵抗性遺伝子を導入するものであり、多くの遺伝子は近縁の他種のものをもちいる。 伝統的育種法の裏はこうである:すなわちおびただしい数の必要のない染色体・遺伝子群を導入してしまう結果となる。そしてこのおおくの不要物の多くについてはわれわれがほとんど知識さえ持っていないのである。 その結果、育種家は、この不要なうえ知られざる遺伝子類を排除するため交配と選抜をくりかえし、”これらの不要な遺伝子を含まずほしい遺伝子のみが導入された”と信じえるまでこの作業をくりかえす。

The `Gene Revolution', he contends, is far more environment-friendly compared to its predecessor `Green Revolution'. The latter requires breeders to make wild crosses of crops with their weedy relatives that are known to harbour desired genetic traits. Most of the rust-resistant high-yielding wheat varieties developed today, for instance, incorporate one or more of the 47-odd identified leaf rust resistance genes, many of which are derived from related alien species. The flip side of the conventional breeding strategy, Dr. Prakash notes, is that ``you also end up introducing large chunks of chromosomes with undesirable genes, about whose traits we may even have little knowledge''. As a result, breeders have to continue to make further crosses and selections until they evolve a `pure line' incorporating only the particular desired attribute and eliminate all the unwanted genes.

それは冗長な仕事であり、またトライアンドエラーの過程であり、ときには何の成果もえられないこともある。 時には商業的品種として固定するのに20年もかかることもある。 マニラの国際稲研究所(IRRI)で1970年代に行われた、細菌性べと病耐性形質を導入するために行われた有名なIR-24系統の稲と野性種との交配を引き合いに出して、かれはこう指摘する:

。 

`It is a tedious, hit-and-miss process, which may sometimes not even yield any results. Sometimes, it could take up to 20 years to develop a variety ripe for commercial release,'' he points out, while referring to the efforts of Dr. G.S. Khush of the Manila-based International Rice Research Institute (IRRI) in the 1970s to cross the well-known IR-24 rice with a wild related species, Oriza glaborima, in order to transfer the latter's bacterial blight resistance traits.

細菌性ベト病抵抗性は得られた子系統に確かに導入されたが、これらの系統は同時に、この抵抗性遺伝子に付随したいくつかの野性形質をも導入してしまい、この試みは実を結ばなかった。 この問題は、事実上近代的なバイオテクノロジーと組換えDNA技術によってのみ解決できるだろう。 なぜなら、これらの技術により、植物全体の遺伝子ではなく、必要な形質をコードする特定の遺伝子を同定しこの必要な遺伝子を正確に導入することができるからである。

 

The efforts did not bear fruit because although the derived progeny did incorporate bacterial blight resistance, ``they also developed several weedy traits due to other genes tagging along''. The problem could be solved eventually only through modern bio-technology and recombinant DNA techniques, which allows one to focus on particular genes in plants, rather than the entire plant, and to identify and transfer the specific gene coding for the desired trait.

これは、さきのIRRIが行ったことと正確に同じことである。 IRRIはその伝統的交配育種方で特定の細菌性ベト病抵抗性遺伝子である”Xa21"遺伝子を野性稲から分離しクローン化し既存の高収量稲品種に注入しようとしたわけである。

``That was precisely what Dr. Swapan Datta from the same IRRI did. He managed to isolate and clone the particular bacterial blight resistant `Xa21' gene from Oriza glaborima and inject just this into the existing high-yielding rice varieties,''

Dr. Prakashiは言う: 遺伝子操作され改変した作物は伝統的育種や自然に生じた品種にさえまさる環境へのやさしさを発揮する。 それは新しい植物に、幾千もの新しい遺伝子をまとめて導入してしまうようなことをせずに単にひとつかふたつの既知の形質にかかわる遺伝子を変えることによってすでによく知られた作物品種に導入するからである。 

Dr. Prakash says. The relative environment-friendliness of `genetically reprogrammed' crops over conventionally bred or even naturally evolved varieties springs essentially from their not involving any wholesale introduction of thousands of new genes through new plants, but merely ``alteration of just one or two genes with known traits in the already popular crop varieties''.

さらに、緑の革命で得られた単一品種栽培の問題はたった一つのほしい形質を持った作物を得るのに幾千もの植物を育種する労力を必要とすることに根ざす。 すなわち、選択的育種のやり方では柔軟性はほとんどない。一旦、たとえば稲のひとつの改良品種が得られたならば、国中にこの品種を広める傾向がある。遺伝子工学的改変法によっては新しい品種を作る時間が3−5年に短縮され、地域にあわせた適切な調整がなされた品種が地域ごとに用意できる。

Dr. Prakash points out that the problems of `monocropping' conferred by the Green Revolution are also basically rooted in the labour involved in breeding thousands of plants to obtain a single desired trait. ``As this selective breeding route affords little flexibility, once an improved variety of, say rice is evolved, there is a tendency to plant it across the entire country. With genetic re-programming, the time span for developing new varieties can be reduced to 3-5 years and hence more varieties can be released in every region with precise modifications,'' he claims.

さらに、遺伝子移動のような高度のバイオテクノロジーによってどのような植物品種の遺伝子も分離できそして、それらをまとめて組み込むことが可能になる。 DNAマーカーや遺伝子動態学の利用などの分子生物学的技術は栽培植物における生物多様性の動態を調べるかちある観点を提供するとともに作物の進化を理解し、さらにおそらくまた絶滅した作物の形質を再現することをたすけるであろう。

Moreover, through advanced bio-technological techniques such as gene shuffling, it is possible to isolate the gene of any plant variety and `shuffle' its DNA material around. ``Molecular biology techniques such as the use of DNA markers and genomics provide valuable insights into the dynamics of biodiversity in crop plants and thus help us understand crop evolution and perhaps also recreate extinct crop traits.

このことは、手に入れることのできる生物多様性のさらに賢い利用を可能にする。 Dr.Prakashはインドは自分たちに危険が差し迫ったときのみバイオテクノロジーを排除する。 それは、メキシコ、アルゼンチン、中国、チリなどを含む発展途上国では、キューバ、エジプト、南アフリカなどの他の国々と密接に行動しながら自分たちの農業政策のなかにバイオテクノロジーを取り入れていくのに大きく足をふみだしたのである。

  インドの農家はナスのずい虫やワタのワタキガ蛾の幼虫のような害虫のほかに、イネの胴枯れ病、小麦のサビ病、コーヒーの赤サビ病、トマトとチリのウイルス病、そしてピーナッツ類の斑点病などの深刻な病害に直面している。

  

This permits more intelligent use of available biodiversity,'' he observes. Dr. Prakash feels that India can ignore bio-technology `only at its own peril', considering that developing countries including Mexico, Argentina, China and Chile have already made significant strides in integrating bio-technology into their agricultural programmes, with others such as Cuba, Egypt and South Africa closely following suit. ``Indian farmers encounter serious disease problems of blast in rice, rust in wheat, leaf rust in coffee, viruses in tomatoes and chillies and leaf-spot in groundnut, besides pests such as shoot borers in brinjal and bollworm in cotton.

植物の伝統的育種法あるいは化学薬品の使用はこれらに対抗する役立つ効率的な方法のためのたいした武器にはならない。 

ワタ農家だけでも年間1,600,000ルピーもの莫大なお金をアメリカワタキガ蛾の脅威との戦いに注入しており、しかもその効果は年々減少している。これらの問題は病害攻撃に抵抗するよう遺伝子工学的に遺伝子を改変した種子をもってのみ十分に食い止めることができるのである一方、高価なしかも有毒な防除剤をまくことにたよるのは不経済である。

Conventional plant breeding or use of chemicals have little ammunition to deal with these in an expedient and efficient manner. Cotton farmers alone spend a staggering Rs. 1,600 crores annually on pesticides to combat the American bollworm menace, with diminishing results,'' he points out. These problems can be significantly minimised by using genetically re-programmed seeds designed to resist disease attacks, while economising on the use of costly and harmful pesticide sprays.

Dr.Prakashによると、遺伝子工学的遺伝子改変した種子のまわりを中心にその効力は及ぶとともに伝統的資材の注入、特に殺虫剤や他の高価な薬品などの注入への依存性が低いのであるから、遺伝子革命は、緑の革命(Green Revolution)よりもずっとあたりさわりがなくそして小規模農家にやさしいものである。

According to Dr. Prakash, the Gene Revolution is potentially more scale neutral and small farmer-friendly than the Green Revolution, as its potency revolves entirely around genetically re-programmed seeds and there is less dependence on the conventional package of inputs, especially pesticides and other costly chemicals.

さらに、バイオテクノロジーはいくつかのインドの食品に含まれる有毒物質の存在により取りざたされているジレンマに取り組むことをも助けることができる。それらの有毒物とは: レンズ豆の神経毒(ニューロトキシン)、タピオカの青酸、ピーナッツ類のアフラトキシン、そしてヒヨコマメ、ホースグラム、スイートポテトの代謝阻害物質などである。 これは当該作物自身がもつ上記の望ましくない形質の原因の遺伝子をとりだして当該作物自身に逆方向にいれてその機能を”沈黙させる”ように導入することを含む。

Further, bio-technology can also help address the dilemma posed by the presence of hazardous substances in several Indian foods - neurotoxin in kesar dal, cyanide in tapioca, aflatoxins in groundnut and anti-metabolites in chickpea, horsegram and sweet potato. This essentially entails introducing the genes responsible for the said undesirable traits in the concerned crops and derived from the same plant, but inserting it in a reverse manner to `silence' its functioning, Dr. Prakash added.

Return to Home     to MCB Laboratory