主義主張ばかりが先行する有機無農薬は”裸の王様”?=このままでは消費者はだれかにおどらされた王様のうちでも”裸の王様”

JAS法改正による有機農法の規制に断固抗議する。 国際標準をいうなら英語のOrganicの発音に近い”オーガニック”のみを採用すべきである。 ”有機”は日本国民共有のことばであり、特定の教義に占用させることは許されるべきでない。 国語辞典や広辞苑をみよ。  

  農業地域らしい話をいくつか。 ついさっきの昼ご飯の時間です。

有機無農薬農法の実践についてです。

1. ある夫婦が、妻が強く主張して有機無農薬の野菜つくりをはじめた。 荒地を開墾して植えたところたちどころに虫に。 それで朝と夕方毎日ピンセットで虫を一匹ずつ取る作業。 たまりかねただんなはおまえが有機無農薬っていったんだろ。虫取りをおまえがやれ”と夫婦喧嘩。 それであえなくちょん。ーそりゃー想像を絶する大変な作業だよ。

2. 知り合いが狂信的に有機無農薬をやるとやりだしたが、2-3年たって突然全滅。 以後有機のゆのじもやっていない。

3. あるベテランの農家のはなし。 有機無農薬は話にならん。 一反あたり、米で300kgが平均でしょう。 今の適度に農薬で管理した農法でコンスタントに600kg。 しかもたとえば10年間安定。 有機じゃ年によってばらばら。 みんなが有機無農薬やったら、ほしい農産品をほしいときにかえないでしょう。 すなわち、店に行ってもきょうはこれしかありません。。3年にいちどは飢える覚悟を。今年はしょうがないね米倉空っぽ。 収穫が全滅で去年のはネズミと穀ゾウにくわれっちまってね。 ま、この草でも買ってって。  生産者の都合じゃだめだぞといっておきながら結局、生産者の都合でってことになるんじゃないの。 

4. 無農薬を徹底すると蚊がわいて日本脳炎が蔓延するよ。 (地球温暖化では、日本脳炎がマラリアにかわるかも)

5. 休耕田で土地を肥やすためもかねてすすめられて大豆を栽培。 ところがそのあと稲作にもどったら3年間無収穫。 肥料分のバランスは大事だね。 根粒菌とていつも善玉jじゃない。 で、最近レンゲも植えていない農家が多いよ。

6.  知り合いが有機無農薬の米をつくって一部くれるので食べているがとにかくおいしくない。 でも誇りもってくれるもの断れないしね。ー(これぞ、有機無農薬=裸の王様論!)

7.  大都市のひとたちは農業を商品としてしか見ていないよね。 たかがベランダ菜園でうまくいったからって農業甘く見ないで。 気候の変動などにもかかわらず、何十年も毎年変わらぬ生産を自然を相手に続けるということの恩恵のおおきさとすばらしさにまったく気が付いてないよね。 

8   とにかくよく見回すと有機無農薬でうまくいっているところはごく一部。 いつも同じ名前が出てくるのを変に思ったことありませんでしたか。 それも初めの1-2年であとのフォローアップは? 例のあいがも農法も一時はやってたけど継続的にうまくいっているのはごく一部。 やめたひとも多い。

9.  有機無農薬ってよくいって3分の一。 でも有機は自給程度にして、むしろ有機無農薬やってるていうことでマスコミは取材にくるし、講演はたのまれるし、本はうれるしこれでゆとりの生計立ててるよ。 くさぬかなくったっていいから楽なもの。

10.  そりゃー、東京のマンションのそれも地上10階や20階で有機無農薬でベランダ菜園やったらうまくいくだろう。 売ってる土や種はたいてい消毒してるし近くに自然はないし、それに虫はそこまでなかなか飛んでこれないものね。 ゆーき無農薬やるならもっと高いとこーたとえば月か火星にでもいってやってくれ。

11. 農耕て言葉知ってる? あれ、耕すってことよ。  有機ってことば許可なくつかったら50万円以下の罰金だって?えっ? 何考えてんだお役人さん。 広辞苑や国語辞典見ろよどこにもどっかの宗教団体まして、マシハリのICSやGeneticIDの認証を受けた農法なんて書いてない。 Organic(オーガニックてよんだっけ)はそうか知らないがね。 日本の役人、英語もよー訳さんのか。 有機っていう日本国民固有のことばを民衆にかえせ!

以上参考まで。 主義主張ばかりが先行し、とてもやないが多くの一般人の胃袋を満たすのには完成した技術とは到底いえない完全有機自然農法。 中間がないよね。このままでは消費者は一部活動家におどらされた王様ならぬ裸の王様。 何年かたつと有機告発報道がでてくるかも。 それにしてもこんなことばかり考えてる食卓って楽しくないだろうな。想像するときおり会話は食品の危険性とラベル見比べての病気への不安と怒りとが交錯する。 すなおにこれおいしいねっていえない。 ストレスできっと寿命が短くなったり流産するのでは。 高いお金をはらって病気になったんじゃね。 大学の授業で栄養学を習ったけど、最後のページに食卓は楽しきあるべしと2枚の写真があり、1枚は険しい顔したひとが食卓囲んでる。 もう一枚はなごやかな皆さん楽しそう。 雰囲気は最大の栄養素なりってね。

 

To Japanese Home

Return to English Home     to MCB Laboratory (Japanese version)