遺伝  inheritance

 

   生物において、親の形質が子に伝わる現象のことで、生命の基本的な営みのひとつです。 この遺伝を担う物質が細胞を持つ生命においてはDNAです。ウイルスなどの細胞を持たない生命単位の場合はRNAかDNAですが、自己複製は細胞の遺伝子発現系を用いてのみ行われます。 したがって、遺伝子は遺伝子発現を介してのみ遺伝するといえます。細胞を持つ生命の場合、この遺伝を担う主たるDNA(ゲノムDNA)のありかにより原核生物と真核生物に大分類されます。

  遺伝を研究する学問が遺伝学(genetics)であり、分子生物学(molecular biology)と密接な関係があります。

もどる