中国は遺伝子操作作物の栽培面積で世界第4位になったと発表。

 

 今朝(9月7日)中国は西暦2000年に遺伝子組換え作物の栽培面積で世界第4位になり、米国、アルゼンチン、カナダにおそらく迫進していると発表した。  その報告ではさらに、中国環境保護局はGMO作物の環境への影響をモニターするために「中国生物安全性フレームワーク」を創設したと述べた。

 

By SA


もどる

 

../gmo_contents.htm . /gmo_title.htm   ../gmo_start.htm