英国のアン王女がGMについて心を開くよう呼びかける 

 

   ウインザー家は科学問題で依然分裂。 アン王女は昨日、遺伝子組み換え食品と治療的クローニングについて心を開くよう呼びかけた。 彼女はまた遺伝子組み換え動物を研究で用いることを支持した。 

今年の始めにフィリップ殿下がGM技術を擁護し、それが彼を、GMの結末は非常に危険であると警告したプリンスオブウエールズに対して優勢にした。 それが遺伝子工学になったとき、アン王女は、ロンドンで開かれた英国科学協会フェスティバルでの総括的演説で”人々の生活を改善する偉大な能力があると語った。 彼女は、第三世界の栄養欠乏の補充に役割を果たしえるものである鉄とビタミンAの前駆体含量の高いGMイネ品種を引き合いに出した。 

  しかし、彼女は遺伝子工学に関する科学的研究のための必要性を、リスク(危険性)に対する利益のバランスに依存するそういった研究のそれぞれの応用から、注意深く分離している。 彼女は”自分は懐疑的である”と強調した。 ”私は何が可能で、何が必要かということを確信する必要がある。” 遺伝子工学は、例えば小さな益のために用いるべきではない。  食糧はおそらくもっとも重要な国際的課題であると彼女は語った。

  しかし、GMに対する懸念と漁業資源の劣化にもかかわらず、歴史上初めて数字の上では食糧過剰と不足が等しくなった。 これまでの技術が人々を先進と後進国に充分な栄養の食糧をいまだかつて供給できえたかどうかという問題が依然残っている。

治療的クローニングの場合ー修復のため組織を成長させるための初期胚のクローン化ーでは、彼女は患者の利益にいたるにはまだ遠い先にある。 それにもかかわらず、彼女は、例えば、新しい治療法の開発のために実験室においては細胞をクローン化することは重要であると語った。 しかし、彼女は、今年の暮れに議会で自由投票に付される予定のクローン化した胚を用いた研究を認める提案に関する彼女自身の意見の表明は拒否した。

  研究に用いられる多数の遺伝子操作された動物の数は増加している。 しかしながら、人間のボランティアなしには動物の使用することの代わりの方法を見出すことはほとんどできないと彼女は語った。 あらゆるテストの遂行に備えるための人間のボランティアの重荷を誰かがかって出るまでは必要であるとみなせる。 私は本当に動物が使われていることを問題とは思っていない。 多くの場合、他の現実味のある選択肢がない。” 大衆は”現代農法の問題についてもう少ししっかり把握していかなければならなかった。”

9月7日、2000

By SA

 

もどる

 

../gmo_contents.htm . /gmo_title.htm   ../gmo_start.htm