GM 作物は”長期的損害を起こすと認定するのは困難である”

 

   ハロルドモハメドアルフェイド氏のスコットランドにある農場と他の英国の農場に非意図的に植え付けられた遺伝子組み換え作物はいかなる長期的損害も起こしているようにはない」とある専門家はスコットランド議会で語った。

スコットランド作物研究施設のガビン ラムゼー博士は、いかなる問題も無視できると信じるとTransport and Environment Committeeに語った。

  過去2年間に、アルファイド氏の地所を含む600軒英国の農家に30,000エーカー以上のナタネが植え付けられたと考えられている。 この種子はカナダのアドバンタ社から供給されたもので、それはGMを含んでいないという了解のもとで売却されたが、しかしのちにそれにはヨーロッパで商業的栽培を許可されていなかったGMナタネ種が混入していたことが判明した。  今年55エーカーの彼の地所が影響を受けたとしてその億万長者の実業家は政府とアドバンタシード社(UK)を、訴えると声明した。 アドバンタはその製品が4月3日に汚染されていることを知ったがWhitehallに4月17日まで通告することを怠った。 一方、政府はこの問題について1か月後の5月17日になるまで公式発表をしなかったとかれは語った。 

リベラルデモクラッツのNora Radcliffeは長期的損害についてラムゼイ博士(彼はいかなるそのようなことはないとしている)にたずねた。 彼は付け加えた:「私はそのGMコンタミに起因する本当の環境被害があることを見せることはほとんど不可能であると考えている」。

9月6日、2000年

   By SA

もどる

 

../gmo_contents.htm . /gmo_title.htm   ../gmo_start.htm