GM 野菜は従来のものより安全である


普通の野菜は、遺伝子操作された作物よりはるかに健康にとって危険である、と上院委員会が昨日語った。

生化学者であるデビッド トライブ博士は我々が食べている食物中の99.99%の残留殺虫剤は天然のものである、と連邦政府の遺伝子操作技術法の調査を語った。 オーストラリアバイオテクノロジー協会の副会長であるトライブ博士は、植物は自分自身を守るために天然の殺虫剤を生産し、いくつかの品種においてはこれらの量が、過去1世紀以上にわたる選択的育種によって増加してきたと語った。 彼はまた、普通に食用にされているセロリ、ジャガイモ、トウガラシのような野菜はシアンや発ガン剤にわたる天然の化学物質を多量に含んでいると述べた。

「我々はにこれらの化学物質を処理できる強い肝臓を持っているため幸運であるが、しかし植物を食べるより肉類を食べるほうが安全である。遺伝子操作された食物は市場にでるまでにかなりの試験が課されているが、伝統的に育種された新しい作物品種が市場に出回るのにそんな詳細な検査などされていない。 DNAの変化をもたらす天然の発ガン物質を含むトウガラシが、一時市場に出回った」 とトライブ博士は語った。 これはまさに通常の育種技術の結果起こり、植物自身が自然にその発ガン物質を生産したのだ。 「そのトウガラシが発癌物質を含むことが発見された後、速やかに市場から取り去られた」

コメントー ほかにもナタネ油など秘密裏にマーケットから取り去れれた食品が少なからず存在する。

->従来法の安全審査はマーケットに出てからする


もどる (表紙)

 

conntents  start title