子をもうけることは、これらの著者によれば、ときに不自然で、しばしば有害であり、そして公然と行われたとき、ほとんどいつも物議をかもす。 このようなことは植物においても当てはまる、すなわちヨロッパdenoGMO問題があらゆる可能性の角度から論説的にたたき殺されてきた場合である。 反GMOキャンペーンは、他の環境問題を掲げるのに有力であった.多くのよく指向された人たちからなりたっており(例えば海棲哺乳類の保護)、不幸なことに、これらの人々はGM作物テクノロジーについて重大な過りの扇動をしている。->完全日本語版

Procreation may, according to these authors, sometimes appear unnatural, can frequently be hazardous, and when performed in public, is almost always controversial. Such is the case even in plants, where the GMO (genetically modified organism) issue in Europe has been beaten to death editorially from every possible angle. Although the anti-GMO camp consists of many well-intentioned individuals who have been helpful in addressing other environmental issues (saving marine mammals, for example), unfortunately, they are seriously misguided with respect to GM crop technology.

    その著者はかれらは最近Agbiotech99に参加し、GMOの放出の生態学的リスクについて二つの思索的講演をおこなった日曜日の午後の部にずっとすわっていた。 この演者たちはGM作物の環境への放出を3年の禁止か前面禁止するという提案を行った。  このグリーンピースの観点は次のようである:

GM作物は生物進化上の大きな不可逆的なそして科学的に評価できない長期的リスクをこの惑星(すなわち地球)に負わせるというものである。 ただし、この科学的に評価できないということはネクタリン(桃の突然変異種)の引き起こす幅ひろい交雑がもたらすであろう不確定性とどこか似ている。 

The authors write that they recently attended Agbiotech '99* and sat through the Sunday evening session that featured two speculative talks on the ecological risks of GMO release. The speakers proposed either a three-year moratorium (Brian Johnson, English Nature), or irrevocable banning (Benedikt Haerlin, Greenpeace), of GM crop releases into the environment. The Greenpeace viewpoint is that GM crops pose long-term evolutionary risks to the planet that are potentially irreversible and that cannot be assessed scientifically (somewhat akin to the uncertainties that the wide genetic cross giving rise to a nectarine might pose).

我々は、伝統的に育種されたハイブリッドの新しい品種が毎年世界中に莫大な数が放出され、その長期的な生物進化への結末が同じく不明であるということを論議すべきである。 グリーンピースの発展途上国における食糧難の解決法は、収穫効率増加のための現代のバイオテクノロジーの道具を使うより、より労働投入率の高い、有機農法の実践を採用することを奨励している。 いいかえれば、もっと働け、長く激しくということである。   

The authors say they would argue that new varieties of traditionally bred hybrids are released in large numbers worldwide every year and the long-term evolutionary consequences are equally unknown. Greenpeace's solution to food shortages in developing countries is to encourage farmers to adopt more labor-intensive, organic farming practices rather than use the tools of modern biotechnology to increase crop yields (in other words, just work longer and harder).

かれらは地政学的でその哲学的背景は我々にはわからないので、これらの議論を彼らとはするつもりはない:すなわち、われわれが科学的に保証されていない利害関係   絶対的な先行それ自身を養う方法、

We won't debate these arguments because they are of a geopolitical and philosophical nature unknown to us: they would require that we grant legitimacy to the belief that scientifically unwarranted concerns for environmental safety take absolute precedent over providing a population with the means to feed itself.

伝統的に育種されたハイブリッドを導入するときにこれらの黙示録的シナリオを植物育種家が聞かされていたということを我々は言いたい。

The authors say that plant breeders have heard these apocalyptic scenarios before when introducing traditionally bred hybrid crops.

ハイブリッド作物は結局、ひとつかふたつの遺伝子を入れる代わりに、幾千もの新しい遺伝子を導入した遺伝子組換え作物と同じものである。 この場合のポイントは次のようである: 有名な園芸農学者であるルター・バーバンクが何百の新しいハイブリッド植物種を記述した”果実と花卉の新しい創造”という1893年の本を出版した。バーバンクは”神様のみ創造できると主張するグループにより直ちに糾弾された。 一旦、この論議が収まるや””新しい創造”はバーバンクを世界的に有名にしそして1901年までにバーバンクスモモやバーバンクジャガイモが津々浦々の消費者にもてはやされた。 究極的には、著名な報道機関は新しい植物育種科学の進歩と世界の食糧供給を増大させる彼の業績を高らかにとりあげた。 我々は歴史はここでもまもなく自然に繰り返されるだろうことを提唱する。  

Hybrid crops represent, after all, nothing more than GM crops with thousands (as opposed to just one or two) of new genes. As a case in point, famed horticulturist Luther Burbank produced an 1893 book entitled New creations in fruits and flowers that described hundreds of new hybrid plant species. Burbank was immediately denounced by groups who claimed that only God could "create" a new plant. Once the controversy subsided, "New creations" made Burbank internationally famous and by 1901 Burbank plums and Burbank potatoes were introduced coast-to-coast to the delight of consumers. Ultimately, the popular press lauded his accomplishments in advancing the new science of plant breeding and in increasing the world's food supply (the authors argue that history will shortly be repeating itself here).

彼の話の、”鳥、虫、そしてバイオテクノロジー、ここから我々はどこへゆくのか” ブライアン・ジョンソンは、しかしながら、まったく新しい科学的概念(少なくとも我々にとって)を発表した。 かれは、除草剤耐性(GMHT)と虫害耐性の遺伝子組換え作物の放出に対して反対を唱えた。 かれの中心の論文はこれらのタイプの作物は英国の農場の”自然”の生物多様性を破壊すると言うものであった。  我々は彼の結論に完全に反対であり、実際上、彼は不注意にも英国の農場に放出されるべきであるということを支持する強力な論述をやってしまったと確信する。

In his talk, "Birds, bugs, and biotechnology, where do we go from here," Brian Johnson, however, presented entirely new scientific concepts (at least to us). He argued against the release of GM herbicide-tolerant (GMHT) and GM insect-resistant (GMIR) crops, his central thesis being that these types of crops will damage the "natural" biodiversity of UK farmland. The authors disagree entirely with his conclusions, and believe in fact that he inadvertently made compelling arguments in support of why these types of GM crops should be released onto UK farmlands.

ほとんどの英国の土地の表面は農業生産のために使われている(現在、75%がそうであると見積もられている)。 農業技術は英国では過去50年間に、収穫の増加のため機械化と化学病害防除剤への依存を強めながら、長足の進歩をとげた。 したがって、1世紀におよぶ近代的な単一耕作の実行を用いたかなりの農業生産行為のはてに、農場における生物多様性について、もともとの”自然”はまったくなくなっている。

The majority of the UK land surface is used for agricultural production (current estimates 75%). Farming techniques have advanced significantly over the past 50 years in the UK, with increasing dependence on mechanization and chemical pesticides to increase crop yields. Thus, there is nothing inherently "natural" about UK farmland biodiversity after a century of intensive crop production using modern monocultural practices.

ジョンソンは英国農地に生息する鳥類と蝶の数が((70ュ80%の減少)減ったことを現代農業が固有のフローラとファウナへのダメージを引き起こした、特により効率よい除草剤の使用をその原因として非難している。

Johnson decries the recent decline in UK farmland bird and butterfly populations (70ュ80% drop) as evidence that modern agriculture results in damage to native flora and fauna, and specifically blames the use of "more efficient" herbicides.

  この著者は、1971年から1995年にわたって行われた40種の農地に生息する鳥類のうちの24種の数の減少に関する最近の調査報告(英国鳥類生息数調査1)を読んで認めているのである。  このことは、次に、残りの調査した16種(40−26=16)は安定な数か事実上増加したということを意味する。

The authors own reading of a recent British bird census1, conducted between 1971 and 1995, reports a population decline in 24 of 40 species known to breed on farmland. That would imply, then, that the remaining 16 species studied have either remained stable or actually increased in population.

  ジョンソンの主張を真に証明するには、農地外に生息する鳥類の生息数調査と固有の自然環境におけるそれらの多様性の調査が比較として含まれていなければならない。 いかなる人も論理的な議論を妨げてはならない。 農地におけるこれらの野性生物の多様性の減少は生息環境の破壊、を含めた複雑な要因(たとえば、農地を広くするため農地の周辺の非耕作地の除去)、生息場所の移動、広範囲な環境抵抗性の農薬の使用などの組み合わせによっておこっていると考えられる。 ジョンソンは、より効率的な除草剤は特に問題が大きく、そして 除草剤耐性作物の導入は英国の農地においてこれらの除草剤の使用を増加させるとと主張している。

  To truly prove Johnson's assertion, data from a census of non-farmland bird populations and non-farmland species diversity in their native environments should be included by comparison. None were, preventing a logical argument. These wildlife diversity declines on farmland are likely due to a complex combination of variables that include habitat destruction (e.g., hedgerow removal to increase field size), shifting of habitats, wide-scale use of environmentally persistent crop chemicals. Johnson argues that more efficient herbicides are especially troubling and that GMHT crops would increase their use on UK farmlands.

  かれはおそらく広いスペクトルの、最近現れたすべての雑草を効果的に除草するより効率的な除草剤のことをいっているのであろう(より効率的でない除草剤の利用は農家にどれほどの利益があるのだろう)か?。 農家は、通常、対抗する雑草種のためというよりもむしろ生き残りと作物の生産のために彼らの農地を最適化するのだ。

By more efficient herbicides, we assume he means broad-spectrum, post-emergent herbicides that effectively control all weed species (what would be the advantage to the grower of using a less efficient herbicide)? Farmers in general optimize their fields for survival and reproduction of the crop rather than the competing weed species.

 それは、しかしながら、なぜより広い有効範囲を持つ除草剤(たとえばグリホゼート)にたいする耐性作物が広く採用されるべきかの正確な理由である。 事実、最上の議論がジョンソン自身から引き出される。  彼自身も英国の農家は現在8種までのことなる、複合作用をもつ環境に残留する除草剤をシュガービートの栽培で用いているとなげいているではないか。

That is, however, precisely the reason why GMHT crops that are tolerant to broad-spectrum herbicides (such as glyphosate) should be widely adopted. Indeed, the best argument for GMHT crops came from Johnson himself when he lamented the fact the UK farmers currently use up to eight different herbicides to control weeds in sugarbeet (pre- and post-emergent, environmentally persistent chemistries, with multiple modes of action).

   安全で、クリーンな、そして環境にやさしい除草剤耐性遺伝子操作を用いることができるのに、なにゆえにそのような強烈な化学的攻撃を英国の土壌と雑草多様性に用いるのか。 除草剤使用は総合的に見てグリホゼート耐性組換え作物(もはや8種もの異なる除草剤の散布が必要ない)の作付けにより減少し、そしてグリホゼート自体は哺乳類、魚類、そして無脊椎動物に事実上無害なのである(ネズミにたいして5g/kgの致死量で食塩よりかなり毒性が低い)。  さらに、除草剤耐性作物の収量増加により、耕作面積を減らすし、かわりに農地周辺に自然の場をつくることができる。 それは、まさにジョンソンによって提案されていることである。

Why use such an intensive chemical onslaught on UK soil and weed biodiversity when safe, clean, and environmentally friendly GMHT technology can be used? Herbicide usage in-season is reduced overall in glyphosate-tolerant GMHT crops (there would be no need for 8 different herbicide applications), and glyphosate is virtually non-toxic to mammals, fish, and invertebrates (the rat oral LD50 is 5 g/Kg; ref 2). Furthermore, yield increases in the GMHT crop of interest would allow UK farmers to increase set-asides and hedgerows and thus adopt the farmland "refuge strategy" that was proposed by Johnson.

  遺伝子操作はさておいて、我々の地球村は過去1000年にわたって次第に手狭になってきており、人類が星によって導かれて大洋を航海して以来でさえも。 我々が走れるよりも遠くへ到達することを可能にする道具を発明するやいなや、われわれは遺伝子の混合を強制してきている。 我々自身(人種の混合)やわれわれが自らを維持するために引きずり回っている移動する生態系(農園芸などのこと)において。  こういう状況の今、我々はどんな遺伝子がどこに行くかをこれまでよりはるかに確実にコントロールすることができるということを公然と議論する。

Genetic engineering aside, our global village has become increasingly smaller over the past millennium, ever since man has guided himself by the stars to navigate across oceans, be they of water or of scientific wonder. As soon as we invented tools enabling us to travel farther than we could run, we have forced genes to mix, both our own and those of the portable ecosystems we've dragged along to sustain us. We argue that now we can have far more certain control over what genes go where. At least in plants, in public.

*Agbiotech '99: Biotechnology and World Agriculture, November 14ュ16, 1999, London.

REFERENCES 1.http://www.environment.detr.gov.uk/acre/wildlife/01.htm. The commercial use of genetically modified crops in the United Kingdom. 2.MSDS: EPA Regulation No. 239ュ2637 PN: 6042.

もどる(日本語)

nglish home