2000.529     By Lupineバイオ食物(遺伝子組換え食物)より有機作物の方が危険かもしれない。


カーギルロイターの解説


ワシントン5月15日(ロイター)――アメリカの消費者の一部が遺伝子組み替え食物についての懸念を持っている中、有機トウモロコシ、大豆および他の穀類の安全性リスクについて無視されている。と月曜日カーギル社会長が言及したという重要な問題をここに紹介しておく。


世界'最も大きな穀物輸出業者であるカーギル社は、遺伝子組み換え食物は、発展世界の急成長中の人口への食料供給に決定的であり、バイオ食物の安全性討論は裕福な国家の「反科学」行動主義者の影響によるものだと言いました。
Ernest Micekは経済戦略研究所がスポンサーになるalization会議の時のスピーチで、いくつかの環境のグループがバイオ食物への代案として指示した有機の農業は、世界の食糧不足を解決する「万能薬」ではないと言っている。因習的なの方法を用いて育てた有機食物が、バイオテクノロジーを使った高収量の農業ほど健康的でないいくつかの証拠があります。「有機農業の畑では、齧歯類と害虫損害を被りやすく、より菌類が穀物粒に感染しやすくなります」。「その菌類は、発がん物質の中で最も強力な毒素のひとつであるアフラトキシンを産生します。」とMicekは言っている。
「有機農業者はほとんどの化学薬品を避け、肥料としての動物性有機肥料と害虫防除のための天敵昆虫を好んで使います。彼らはそれらの方法がより安全で、より自然で、地力の保存すると主張します。有機的に育てられた作物は、最大、現在の世界の人口の40億人の人々、すあわち2/3に供給できる。」とMicekは言っている。
「貧しく十分な栄養を与えらえない人々には ロマンチックも何もない。反科学感傷が、「バイオ食物」討論を支配している。」他の国が遺伝子変更された作物をportsや食物として喜ばしくないことを確信しているにもかかわらず、貧しい国々を救うためにバイオ食物は必要だと弁護している。
 欧州連合は、人の健康と環境への長期間での影響に懸念している消費者に反応して、子実穀物のいくつかの遺伝的に修正された種類を禁止しました。日本では来年から、遺伝的に変更された成分を含んでいる食物であるとラベルに示さなければならないと政府によって定められ、多くの食品加工業者はバイオテクノロジー変種を買うのを断りました。韓国も、2001年にバイオ食物にラベルを貼りはじめることを計画している。
「スナック、プディング、サラダドレッシング、また他の遺伝子が組み換えられたものを成分に含むことをラベルに示さなければならないという規則は米国では全く必要ではない。ラベルは、すでに、消費者が理解できるより多くの情報が書かれている。」とMicekは言いました。
Micekは彼のスピーチの後に報告者に話しました。「私は、どこでそれらの情報が役に立つのかわかりません」。「私達は、食品医薬品局が取った行動をサポートします。」
最近、食品医薬品局は、新しいバイオ食物のための承認手続においていくつかの変化を作ることを計画しているが、緑のグループからの安全テストまたはラベルを義務づけることの要求は拒否したと言った。
国際協定の食品医薬品局のディレクターであるLinda Horton,は、政府機関は科学根拠により行動すると言いました。Hortonは会議において「私達の試みは厳密で、透明な科学のアセスメントが要求されると言っている。消費者が、遺伝的に修正され遺伝子組み替え食物の利点を見つめるのに非常に重要となるでしょう。」と言っている。
環境防御のシニア科学者であるRebecca Goldburgは、アグリビジネスは、発展世界に供給するための方法としてのバイオテクノロジーの採用を急ぎ、他の複雑な問題を無視している。その会議で彼女はバイオ食物は「解決のいくつかの小さい部分であるかもしれません」と言った。しかし国家は、まだ食物流通機構、水不足、人口増加、および経済基盤に対処していなければなりません。
Goldburgは、"テクノロジー−−それらがそこにあるかもしれないが、−−の利点の多くはしばしば誇張されています。と言っている。

もどる