アフラトキシン、フモンシンなどのカビ毒汚染の現状と危険性に関するデーターベース

アフラトキシン類の発ガンのメカニズムとしてはDNAや染色体に直接作用し、細胞変異修復タンパク質であるp53の遺伝子を変異させたり、細胞増殖のコントロールをするRASタンパク質の遺伝子を変異させたりすることが知られている。 フォスフィンという農薬を高濃度に与えるとアフラトキシンの生成を抑えるという報告もある。 特に最近、これらカビ毒の与える食品リスクが再び問題となり世界各国で食品や農産物におけるこれら発ガン毒素の含有量調査や危険性に関する研究が2000年度においても活発に行われていることは消費者や食品メーカーは十分に知っておく必要がある。

ダイオキシンと比較したときのアフラトキシンの毒性の高さから考えると現在のダイオキシン並の規制値(10ppb)では全く不十分でその10分の1以下の1ppb以下にアフラトキシンの規制値を設定する必要があろう。 そうすると、現在の食材の多数が不合格となるが、それはいかに我々がこの地上最強の天然毒のリスクを受けているかを物語っている。

注: アフラトキシンB1の毒性はダイオキシンの10倍以上といわれ、また地上最強の発癌物質でもある。 人工の化学物質と誤解されがちだがよく見かけるカビの生産する天然毒である。 農薬と十把一絡げに規制されているので農薬の一種と思っている人もいる。 日本では10ppb、米国20ppb, 途上国などの国際規制値:30ppbと地域により異なることも知る必要がある。

スターリンク問題を考える  アフラトキシンの胎児へのリスク

アフラトキンやその他のリスク(risk)と障害(hazard)要因の定量的評価

BT組換え作物を利用することの食品や環境への安全性のメリット―12月18日

BT−遺伝子組換えトウモロコシは健康食品

組換えトウモロコシ中のBTトキシン量

トウモロコシにはアレルゲンあるいは疑われる物質が何万倍も多量に含まれている

参考文献   さらに詳しいリスト

Testing shelled corn for aflatoxin, Part I-III: evaluating the performance of aflatoxin sampling plans. J AOAC Int. 2000 Sep-Oct;83(5):1279-84.
 
Occurrence of aflatoxins in cereal grains from four Egyptian governorates. el-Tahan FH, el-Tahan MH, Shebl MA : Nahrung 2000 Aug;44(4):279-80

Mold occurrence and aflatoxin B(1) and fumonisin B(1) determination in corn samples in Venezuela. Medina-Martinez MS, Martinez AJ  J Agric Food Chem. 2000 Jul;48(7):2833-6. 

Survey for aflatoxins, ochratoxin A, zearalenone and fumonisins in maize imported into the United Kingdom. Food Addit Contam. 2000 May;17(5):407-16. Scudamore KA, Patel S RHM Technology Ltd., Lord Rank Centre, High Wycombe, Bucks, UK

Determination of aflatoxins in food by overpressured-layer chromatography. Otta KH, Papp E, Bagocsi B J Chromatogr A. 2000 Jun 16;882(1-2):11-6.

Natural co-occurrence of fumonisins, deoxynivalenol, zearalenone and aflatoxins in field trial corn in Argentina. Food Addit Contam. 1999 Dec;16(12):565-9.


Sequence alterations in p53 gene of hepatocellular carcinoma from high aflatoxin risk area in Guangxi. Chung Hua Chung Liu Tsa Chih. 1997 Jan;19(1):18-21.

Suppression of spore germination and aflatoxin biosynthesis in Aspergillus parasiticus during and after exposure to high levels of phosphine.
Mycopathologia. 1999;147(2):83-7.

A survey of fumonisins, deoxynivalenol, zearalenone and aflatoxins contamination in corn-based food products in Argentina. Food Addit Contam. 1999 Aug;16(8):325-9.


A survey of fumonisins, deoxynivalenol, zearalenone and aflatoxins contamination in corn-based food products in Argentina. Food Addit Contam. 1999 Aug;16(8):325-9. 

Dietary clay in the chemoprevention of aflatoxin-induced disease.
Toxicol Sci. 1999 Dec;52(2 Suppl):118-26. Review.


カビ毒 aflatoxins (アフラトキシン類) B1, B2, G1 and G2; 

その他: ochratoxin A, zearalenone and fumonisins B1, B2 and B3  

スターリンク問題を考える 遺伝子組換え食品は健康食品 


もどる

 

../gmo_contents.htm . /gmo_title.htm   ../gmo_start.htm