ところでこの「遺伝子組み換えいらないキャンペーン」とはもともと、「自然法則フォーラム」という宗教結社と日本消費者連盟が合同して作った組織で、日本において強硬な反遺伝子組み換え路線を実践している政治結社的団体として知られる。 この「いらキャン」との関係でよく登場するジェネティックID社とJFフェイガン博士は、自然法則フォーラムの親団体の米国マハリシ総研やある有機農法認証団体(ICS)と深い関係がある。 このあたりの事情については、1996年にマハリシ経営大学所属のJFフェイガン博士が初来日したおりの1時間半にもおよぶ遺伝子組み換えに反対する必要性を説いた記者会見の記録ビデオのなかでもフェイガン氏自身により明確に述べられているし、また「不自然な収穫」という書物にも記載されている。  

もどる

 

../gmo_contents.htm . /gmo_title.htm   ../gmo_start.htm