バイオテクノロジーを利用した植物遺伝子操作に関するASPBの声明

by 佐羽尾 友里 訳

 

 The American Society of Plant Physiologists(植物生理学会):American Society of Plant Biologistsの実行委員会は2001224日、バイオテクノロジーを利用した植物遺伝子操作に関する声明を承認しました。公共部門委員会が実行委員会にを推薦したのは以前の草稿分でした。承認されたこの声明中では、バイオテクノロジーを用いた研究の利益が多数述べられており、食物の遺伝子操作に対する継続した信頼ある規制と監督を行うよう求めています。1924年設立の植物生理学会(the American Society of Plant Physiologists/ASPP)は2001年初頭に名前を変更し、現在は American Society of Plant Biologists (ASPB)となっています。以下はASPBにより承認されたバイオテクノロジーを利用した植物遺伝子操作に関する声明です。

 

 バイオテクノロジーを利用した植物遺伝子操作に関するASPBの声明

 

 農業における技術の進歩は、昔ながらの手法と結びつきつつ、私たちの環境と天然資源を保護しながら、増加を続ける世界人口からの食糧の需要を満たすのに最高の機会を創り出しています。The American Society of Plant Biologists (ASPB)は、DNA組み替え技術(以下"バイオテクノロジー"とする)等の新技術が、継続した信頼できる利用が行われることを支持するべく、この声明を提出致します。これは飢えと戦わなければならなかった人々に有効な道具をもたらし、健全な環境の維持を可能にするものです。ASPB は、バイオテクノロジー技術とその産物についてのリスク及び利益を査定することを目的に、厳密で信頼のおける科学的な手続を継続的に利用すること、そしてさらなる開発をすすめていくことをも支持致します。

 

 バイオテクノロジーを利用した植物遺伝子操作は植物科学における著しい進歩であり、人々が何世紀もかけて作物遺伝子の組み替えを行ってきたその上に築かれたものです。この技術は、既に明らかになっている規制管理のもとで、植物内に特殊で特徴的な遺伝子を移植することをも含んでいます。そしてこの種の遺伝子移植の結果というものは、古典的な交配で生じるランダムな遺伝子の組み替えに比べ、バイオテクノロジー技術の正確さと組み替え遺伝子の特性の情報を用いることによりいっそう予測可能な状態にできると考えられています。

 

 ある特定の害虫や除草剤に対する耐性を持たせたこれらの新作作物が急速に受け入れられており、これはその使用者に利益がある可能性を裏付けています。早期のデータによると、既にいくらかの農家で、殺虫剤の使用が減り、作物収穫量が増し、雑草のコントロールも簡単になって、結局土壌耕作も減ったことがわかったというところもあることが示されています。これらの進歩は、持続可能な農業の他の手法を補足するものであり、土壌浸食を減少させ、人工殺虫剤の使用も減らすなど、環境上の重要な利益につながっていくことと考えられます。

 

 バイオテクノロジーがつくり出す遺伝子組み替え作物は、世界の人々の健康により多くの恩恵を与えることになります。例えば、主要食物のビタミンとミネラルの含有量を高めたり、一般食品のアレルゲンを取り除いたり、広く消費されている作物のタンパク質について質や量のすぐれたものを開発したり、多くの病気に抵抗力を持ったワクチンを含んだ食用植物を作り出したりできます。そのような改良は多くの場合、通常の交配では達成できません。特に選ばれて遺伝子を組み替えられた植物は、ファイトレメディエーションといって、植物が土壌や水資源から汚染物質を取り除くというような、非食物への応用も行われています。遺伝子組み替え植物はバイオファクトリ−としての役割を果たして現在再生不可能な資源、例えば産業油、燃料、プラスチックなどからできている化合物を作ることも可能です。

 

 この新たな植物バイオテクノロジー技術は、信頼のおける使い方をすれば、よりいっそう持続可能で環境に優しい農業の実現に大きな役割を果たすことができるでしょう。遺伝子組み替え植物の信頼性のある開発と利用は、増え続ける世界の人々の生活とその環境の質を守るのに欠かせないことなのです。

 

 関係者の間ではバイオテクノロジー技術とその産物に対する懸念も生じてきており、食物と環境の安全性の問題や、社会経済と道徳的問題などがあげられています。ASPBでは、これらの懸念に対処するように科学的データが集められる限り、それらの調査を支持し、奨励致します。現在法的機関では、新しくバイオテクノロジーによってつくった食品には、古典的な交配(伝統育種)により生み出された食品とは比較にならないぐらい厳しい広範な安全性テストを義務づけています。

 

 バイオテクノロジーの生産物の受け入れには消費者の信頼が最も重要です。そのためには現在行われている広範な連邦規制枠が維持されることと、消費者の懸念に対処するいっそうの科学的データが必要かを決定するための定期的見直しが行われることは絶対に必要なことです。

 

 遺伝子組み替え植物とともに、潜在的な問題として環境に関する懸念も多くあげられており、これに対しても検討が必要です。これらの多くの懸念は、通常の方法で育種された植物と伝統的な農業手法においても充分に考慮されなくてはなりません科学者および監査機関は、共存が可能な野生種に対する遺伝子移植、抗殺虫剤性昆虫の出現、及び潜在的な遺伝子の多様性への潜在的な負の影響に警戒し続けていかなければなりません。また、バイオテクノロジーを用いて育てた作物の環境への影響を査定するよう、監査機関、科学者そして農家の人々は十分な監視を続けていくことも必要でしょう。連邦監査機関による遺伝子組み替え作物の監視のみならず、ASPBは第三者による厳しい独自の研究も奨励致します。

 

 リスクのない技術はありません、そして新しいプロセスと生産物の導入には時として恐れと不信が伴います。有機的方法での作物の育成や、殺虫剤と肥料を大量投入する方法は、有益性のみならず明らかなリスクも伴うという二面性があります。 伝統的な繁殖方法を利用しての植物の交配は、全くリスクがないわけではないし、バイオテクノロジーの応用もまた同様です。米国は有機農産物、大量投入農法、伝統的な育種ならびにバイオテクノロジーの安全性に対して満足のいく基準を取り入れています。

 

 これらの安全基準が確実に維持されるよう、ASPB は信頼できる継続した開発と、バイオテクノロジー及び全ての食料製造技術と手法に対して科学的な監視が行われることを強く支持します。ASPBは、バイオテクノロジーによってできた産物をきっちり理解した上で選択するのに必要な科学的情報を、政府、私企業部門、個人、その他株主に提供することにも力を注いでいます。ASPBは、継続した信頼できる監査と監督により、バイオテクノロジーはこの世界及びその人々に多くのすばらしい健康及び環境の利益をもたらすことを強く信じています。

 

 以下原文

ASPB Statement on Genetic Modification of Plants Using Biotechnology

 

http://www.aspp.org/aspb_statement_on_genetic_modifi.htm 

The American Society of Plant Physiologists/American Society of Plant Biologists (ASPP/ASPB) Executive Committee approved on February 24, 2001 a statement on genetic modification of plants using biotechnology.  The Committee on Public Affairs recommended an earlier draft version of this statement to the Executive Committee.  The approved statement notes many benefits of research using biotechnology and calls for continued responsible regulation and oversight of genetic modification of foods.  Founded in 1924, the American Society of Plant Physiologists (ASPP) has the new name of American Society of Plant Biologists (ASPB) beginning in 2001.  Following is the approved Statement of ASPB on Genetic Modification of Plants Using Biotechnology:

 

STATEMENT OF THE AMERICAN SOCIETY OF PLANT BIOLOGISTS ON GENETIC MODIFICATION OF PLANTS USING BIOTECHNOLOGY

 

Technical advances in agriculture, coupled with time-honored methods, provide the best opportunity for world food supplies to meet the demands of an ever-growing world population, while protecting our environment and natural resources. The American Society of Plant Biologists (ASPB) submits this statement supporting the continued, responsible use of new technologies, such as recombinant DNA technology (hereafter referred to as "biotechnology"), which can add effective tools to those needed to combat hunger and maintain a healthy environment. ASPB also supports the continued use and further development of rigorous and responsible science-based procedures to assess the risks and benefits of the technology and its products.

 

The use of biotechnology to modify plants represents a significant advance in plant science, building on centuries of human involvement in the genetic modification of crop species. It allows for the transfer into a plant of specific, characterized genes under known regulatory control. The precision of this technology and the knowledge of the specific nature of the manipulated genetic information make the effects of this type of gene transfer more predictable than the random mixing of genes that occurs during classical breeding.

 

The rapid adoption of the first generation of these crops, made tolerant to certain pests or herbicides, underscores the benefits that can accrue to users. Early data indicate that some farmers have realized reduced pesticide use, increased crop yield and easier weed control, leading to reduced soil tillage. Such advances can complement other sustainable agricultural practices and lead to significant environmental benefits, such as lowered soil erosion and reduced use of synthetic pesticides.

 

Modified crops resulting from plant biotechnology should provide major health benefits to people throughout the world. Examples include enhancing the vitamin and mineral content of staple foods, eliminating common food allergens, developing higher protein quality and quantity in widely consumed crops and modifying edible plants to contain vaccines against many illnesses. In many cases, conventional breeding cannot achieve such improvements. Specially selected and modified plants are also being used in nonfood applications, such as phytoremediation, where plants remove contaminating pollutants from soils and water resources. Modified plants can also serve as biofactories to make compounds presently made using nonrenewable resources, e.g., industrial oils, fuels and plastics.

 

Responsible use of new plant biotechnologies could contribute to a more sustainable and environmentally compatible agriculture. Responsible development and use of modified plants is essential to protecting the quality of life and the environment for an ever-growing world population.

 

Concerns raised by some interests about this technology and its products include food and environmental safety issues and socioeconomic and ethical matters. To the extent that scientific data can be gathered to address these concerns, the ASPB supports and encourages such investigations. Regulatory agencies now mandate extensive safety testing of new biotechnology-derived food products, testing which far exceeds that of foods created by classical breeding. Consumer confidence is paramount to the acceptance of the products of biotechnology. It is imperative that the extensive federal regulatory framework presently in place be maintained and regularly reviewed to determine whether additional scientific data are needed to address consumer concerns.

 

A number of expressed environmental concerns currently raised as potential problems with modified plants also should be considered. A number of these concerns also must be addressed with conventionally bred plants and traditional agricultural practices. Scientists and regulators must continue to guard against gene transfer to compatible wild species, development of pesticide-resistant insects and possible adverse effects on genetic diversity. Regulators, scientists and farmers should continue to maintain sufficient monitoring to assess the environmental effects of large-scale growth of crops modified through biotechnology. In addition to the oversight of modified crops by federal regulatory agencies, ASPB encourages rigorous independent studies by third-party researchers.

 

No technology is risk-free, and fear and mistrust often accompany the introduction of new processes and products. Growing crops utilizing organic practices or high-inputs of pesticides and fertilizers have both benefits and tangible risks. Modifying plants using traditional breeding practices is not risk free and neither is the application of biotechnology. The United States has adopted acceptable standards for the safety of organic production, high-input farming, conventional breeding and biotechnology.

 

To ensure the continuation of these standards of safety, ASPB strongly endorses the continued responsible development and science-based oversight of biotechnology and all food production technologies and practices. ASPB is dedicated also to providing science-based information needed for the government, the private sector, individuals, and other stakeholders to make informed choices about the products resulting from biotechnology. The ASPB believes strongly that, with continued responsible regulation and oversight, biotechnology will bring many significant health and environmental benefits to the world and its people.

 


もどる

 

../gmo_contents.htm . /gmo_title.htm   ../gmo_start.htm