FAO長官が有機農法をもって世界の飢餓に取り組むなんて事はPipedream(幻想:)に過ぎないし、GMも答えではないと演説。 

FAO長官は、農薬と肥料の有効的利用が一番重要だと強調。 今後、2030年までに地球人口80億を迎え、飢餓を克服するためには食糧を現在より60%増産しなければならない。 その80%は”集約的農業”に依存するだろうとも述べた。 また、狂牛病に関して、草食獣である家畜を過度に”肉食”に変えてしまったことが問題であり、およそ100カ国で、特に危険性の高い1980年代にヨーロッパから家畜や肉類を輸入していると述べた。 Going organic to fight world hunger is "just a pipedream" but genetically modified organisms (GMOs) are not the answer either" Pipedream=(アヘン吸飲者が描くような)夢想,幻想,夢物語,絵空事:Her plans for a movie career are just a pipe dream. 映画で身を立てようという彼女の計画はただの夢物語にすぎない-Random House 英和辞典より.

この、適切な農薬と肥料の使用による”集約的農業”の重要性はこのHPの主張するところでもある。 総合的な観点からは、増分のうち10%−20%程度はGMに依存せざるおえないだろう。 農業生産上10%の収量増をもたらす技術は重要である。 これまで、我々は伝統育種で生物を変え農作物の生産性を最適化してきたが、もはや生物を変える技術、すなわち育種に限界が見えてきたためGMが開発されてきていることは重要である。 

 


もどる

 

../gmo_contents.htm . /gmo_title.htm   ../gmo_start.htm