伝統育種の危険性と不可知性について徹底的に検証すべきであるー 目次の表示 フレームの表示

伝統育種ほんとうに安全? 交配育種とて、作物の種類によってはトリカブトや有毒ナス系統など有害植物や有害系統と交配すれば毒物、有害物の生成能力を導入しないという保証はなく、先祖がえり(消えたはずの遺伝形質が現れる現象の総称で原因不明であることも多い)などで有毒化することもある。当然、突然変異育種も危険だ。 自然に起こる交配や変異だから安全と消費者は思っているが大きな誤り。 伝統育種の安全性→さらに詳しい説明伝統育種の問題点の告発  GM食品の安全性の総括ー仮想リスクの展覧会の終焉 伝統育種にも遺伝子マーカーを導入し追跡可能にすべし

1.放射線はじめ各種有毒物を使って明らかに人為的に(意図的に)新品種を作る場合があること。 

2. また”自然にできた”とは、すなわち原因不明である日突然新品種ができたというこたぐいのこと。 

3. 最後に、どこがどう変異しているかほとんどわからないまま市場にだすから、危険であることであり、”自然かどうか(すなわち原因不明かどうかに等しいが)”が有害、無害の判定基準になるはずがない。 核実験や自動車の排ガスや有害化学物質などで突然変異したのかもしれない。それをどうやって検証するのか。 ”自然にできたもの”が安全だ、あるいは原因不明だが少なくともそういった有害物が”絶対に”原因じゃないと一般的に証明できる人がいたら驚きに値する。 育種の世界では、”自然”とは原因不明のことをさすことも多い。 すでに伝統育種による害悪は世界に氾濫している。 いまこそ、”あとで安全性を検討すること”が許されてきた伝統育種を見直し、逐一安全審査に掛けねばならないときだ。

関連項目へのリンク        参考図書/サイト   インデックスの表示

T 伝統育種の基本的スタンスの理解と不可知性

  1. 伝統育種と遺伝子組換えの方針の比較
  2. 伝統的交配育種の流れの概念図
  3. 大衆を実験台にしあとで調べることを今まで許されてきた伝統育種の"既得権"
  4. 伝統育種技術の絶対安全性は証明できないー大豆の皮の色は安全か、他
  5. 自然は”危険”の代名詞
  6. 伝統育種品にこそ厳しいアレルギー検査を義務付けるべきである
  7. 普通の育種品こそフランケンシュタイでありフランケンフード
  8. 伝統育種でみられる大豆の種子の色が黄色系などに変化する現象-伝統育種品こそフランケンシュタインの食べ物
  9. 伝統育種は種の壁を崩す
  10. 種の壁を破った立派な人工的遺伝子変異体
  11. 伝統的手法とされる植物開発技術も結局は“遺伝子組換え”に帰着する
  12. 伝統育種にも遺伝子マーカーを導入し追跡可能にすべし

U 育種における安全性とリスク管理

  1. リスク交換の原則ー現代の高度技術化社会においては、リスク管理は総合的
  2. 伝統育種など育種全体の安全性のあり方に頬かむりをした遺伝子組換えの表示制度
  3. 遺伝子組換えよりもっと表示をしてほしい危険で大事なことがあるー虫食いや病害履歴、毒蜜、雑草コンタミなど
  4. 食品としての有用性と有害性の総合評価の帰結として実質安全量(VSD)が定められる.危険性をゼロにできない場合の危険性の許容限度
  5. 米国植物生理学会によるバイオテクノロジーに関する声明ー全訳

V 食品/環境リスクの現実

  1. アレルゲン性の量的テストをしたら我々が安全だと思っているトウモロコシの貯蔵タンパクのほうがはるかに危険であるということを認識すべき
  2. 遺伝子組換えは健康食品
  3. トウモロコシに含まれるアレルギー可能性タンパク質と発癌物質の比較
  4. トウモロコシアレルギー、 スターリンクはピーナッツバターより700倍も安全
  5. トウモロコシに含まれる有害物とそれらのリスク
  6. 食品としての有用性と有害性の総合評価の帰結として実質安全量(VSD)が定められる.危険性をゼロにできない場合の危険性の許容限度
  7. アフラトキシンと農薬ー遺伝子組換えやめてガンや環境ホルモンの危険を選択したい?ー未来を憂えて明日に死す?

その他

最近の海外のGMOをめぐる憂慮される動向とマスコミの役割ー(ある読者から

仏陀はクローニングできるのか?ー仏教への侮辱

GM表示法の実行状態を本来の立場から厳しく監視することが必要である。

米国FDAがGM食品表示のガイドラインを策定

有機農法は人々を飢えさせさらに自然破壊?

伝統育種品はやはりフランケンフード

 

2k10519

ヒット カウンタ 2001-5-20


もどる

 

../gmo_contents.htm . /gmo_title.htm   ../gmo_start.htm