あーあ、いやになっちゃったーー あーあおどろいた

  この遺伝子組換え議論やっててこんないい加減な連中のために、クジラやマグロが食えなくなるのかとおもうと腹が立ちませんか。いまは、ほかにGMOを排撃して特をするやつがいるからGP連を利用しているけれども、 おそらくGMOはともかく(反対のかたでも)、この嵐がおわれば連中の環境保護の意見なんてもうこんりんざい聞きたくない、それよりクジラやマグロが食いてーよおーというひとが多くなったのではないでしょうか。 これぞ、Soybean Com(Lumen Foods)がいっていた本当の問題になったときにかれらに耳を貸すやつがいなくなるということではないでしょうか(すなわちGP使い捨て論)。 イギリスでは、すでに大衆がヒステリーでカバーされて状況がわからなくなっていると批評されているのだ。

  意図的に野に放てない遺伝子をいれて”環境破壊メダカ”を作っておいて何が”遺伝子組換えは危険だ”だ。 われわれ遺伝子組換え研究者はそんないい加減な組換え体をつくるほどひまでもないし、腐ってもいない。 そのために、遺伝子組換え実験指針があり安全評価があるのではないか。  日本のロケット技術だって核ミサイルが作れるのだぞ。

目次  ホーム  伝統的育種とは?