遺伝子組換え作物は もともと、でのべた通常(伝統的)育種の宿命と限界を乗り越え、より安全で確実な育種法として30年以上も前から精力的に世界中で研究されました。 この遺伝子組換え育種においては通常育種法の評価と、基本的には同じですがはるかに厳密に行われます。特に、遺伝子の構造と産物を明らかにしてから組換えることが必須であるためこれらの性質を詳しく調べることができます。 たとえば、実際の作物中では微量しか生成しないため毒性試験などとうていできないようなものでも、実験的に大腸菌などに大量に作らせて調べることができます。 したがって、この評価が適切に行われれば通常育種にくらべ、リスクをより正確に把握することができ、安全性が高いといえます。未知の物質の生成についてのリスクがあることは伝統的育種より低いと考えられます。 遺伝子組換えにおいては既知のもので性質のわかった必要なごく少数遺伝子のみを導入するためです。 病害虫に強い組換え作物の場合は病害虫によるカビなどの感染による、アフラトキシンなどの含量が1/10以下ときわめて低いというメリットもありますーー>組換えトウモロコシは健康食品

  また、上記の伝統的育種の場合にも述べたように、遺伝子を組換えるまえの作物と交配するバッククロスという方法を適用し、組み換えた遺伝子の安定化を行います。 導入した遺伝子はわかっているのでそれにおける変異はすぐにわかります。

作物の品種と収量

魔女狩りと狂牛病と遺伝子組換え

育種ホーム  目次 遺伝子組換え食品は健康食品