遺伝子組換え生物利用に関する基礎知識のページーまえがき

皆さんは、遺伝子組換え食品を避けてどれぐらい健康になれるか考えたことはおありでしょうか。 ネコやリスが食べたら死んでしまうタマネギや家畜が食べたら子供の成長障害をおこす物質(十字科植物毒)を含むといわれたらキャベツやナタネ油、ワサビを食べる気がするでしょうかー子供のころ、親からワサビは子供のたべるものじゃないといわれたことはありませんか。 えたいの知れない魚が赤身魚やシシャモなどと称して売っていますがその安全性を考えたことがありますか。虫の食べあとのない野菜や穀ゾウムシつかない米や麦を食べる気がしますか。 一方で虫やナメクジや病気にかかった作物は安全でしょうか。  ハチは種々の蜜のある植物から花粉や蜜集めますがこの中に、自然あるいは鑑賞用花卉類や街路樹などで毒を含むものがあります。 その結果、蜂蜜にはこういった毒物を多少含むのが普通です。 時によってそれが中毒の原因となることもあり、GMO花粉のコンタミより恐ろしいのです。  安全審査のない従来の食品の安全性とはどんなものでしょうか。 身の回りにもっと危険なことはないのでしょうか 実は食とは生存のための冒険なのです。 

  危険性は種々のリスクの比率の問題。 これだけ栽培されて、みんなが調べて決定的な問題が見つからない遺伝子組換え。 それに比較し他に食品や育種や無農薬の危険がぞろぞろ。 他に何百倍も何万倍も大きなリスク要因があればそれが優越するのはあたりまえ。 飛行機のエンジンをとめて機首をいきなり真上や真下にむけて墜落するかどうかのテストをするようなことをしても墜落するかどうかわからないというのが遺伝子組換え食品の安全性試験の現状。 おなじ試験を従来法にしたら不合格品のやまができてしまい、私たちの食べるものなくなってしまうし、庭に花も植えられない。 

  それでも従来法との比較は推進につながるとしてマイナスの情報しか流さないマスコミ。 危険であるというデーターを出せと強要しているようなものです。 それで出される特殊なお粗末なデーター。 危険だという情報だけを流して世論調査をし、消費者に不安などと書き立てるマッチポンプ。 これは世論操作以外の何者でもないでしょう。 こんな情報提供で消費者の権利が守られるのでしょうか。 皮肉にも、結果的には事実は遺伝子組換えは安全ということを証明してしまっています。 =>マスコミが流さない情報=遺伝子組換え食品は安全食品(トウモロコシ、ナタネ、ダイズ)

  そこでここでは、少々異なる立場から遺伝し組換え生物利用に関する概念的問題を展開します。 読む人によっては少々シゲキックスに感じるかもしれません。また、多くの方々が持っている遺伝子組換えについてもっている”不安”を”絶対悪”として位置付けようとする宗教的動きの側面があることも育種の安全性問題の正常な議論に大きな影をおとしているのです。 そこで、伝統的育種や現代農業のもつ本質的な問題をできるだけ専門的でない方法で説明し、なぜ遺伝子組換えなのか、そして遺伝子組換え生物の食品や環境での安全性をどうとらえたらよいかを解説します。いまの世間での遺伝子組換え食品の安全性議論はあたかもある火山の上にのぼってそこからみえる隣の火山の安全性を議論している状況とそっくり。 食品の安全性を本気で確保したいのならば自分の乗っている”火山”安全性まず見極め、そこからおりて両方の”山”の安全性を議論しましょう。 遺伝子組換え関連最新ニュースヘッダーも参考に。

***なお、このページをよりよく理解するためには、遺伝子組換え以前に環境破壊と健康被害の主原因は何かをあきらかにし食糧生産と健康や環境問題の現状と方向を警告した、名著”沈黙の春(Silent Spring)を読まれることをお勧めします。また従来法だから安全審査はいらないということに警鐘をならすページも参照してくださいオオカミ男とライ麦***伝統的育種の原理もこの問題の理解のために必見です。 狂牛病と肉類のダイオキシン汚染と遺伝子組換え議論ー”フランケンシュタインの食べ物”ーはなぜかみあわない?
フランケンシュタインはヨーロッパの心の中の産物、非実在による危険な中傷