伝統リスクに沈むヨーロッパの畜産 2001年09月20日

狂牛病(ヤコブ病)に関する最新の情報ーヨーロッパでは、ホルモン剤使用の問題どころか狂牛病の蔓延を食い止めることができず、若い人の狂牛病患者・死者が急増し畜産は大ピンチに。その原因の一つに域内リサイクルと自然を重視した飼料の製造と飼育管理がヨーロッパでの狂牛病の猛威と食品リスクの選択ー12月1日、2000年

狂牛病の血液感染の恐れから赤十字が献血制限!

EUで狂牛病患者が増加(13万6千人に)し豚コレラも発生、口蹄疫も(ギリシャ、アルゼンチン) ーGMO論争で明け暮れた果てに?

また、またEUで狂牛病、PCB汚染ー繰り返されるEUでの食品汚染ー6月6日、2000年

  狂牛病はドイツ、スペインに飛び火か  英国では依然高レベルの狂牛病ー17万8千件が報告され、フランスですでに20件をこえる!

ベルギーでこんどは肉類にPCB汚染(5月)ー繰り返されるEUの食品事故ーEUの食品は買ってはいけない

 

もどる