車軸藻の培養      

 


Composition of Culture Medium  

1 Major Ingredients

Compounds      Formula Final Concentration
Calcium Chloride dihydrate,   CaCl2・2H2O       300 mM
Potassium Chloride        KCl         60 mM
Sodium Nitrate     NaNO3       120 mM
Sodium Dihydrogen Phosphate   NaH2PO4・2H2O        40 mM
Magnesium Sulfate heptahydrate      MgSO4・7H20       150 mM
 FeEDTA             20 mM

注: 数十から百数十マイクロモルのアンモニア態窒素は車軸藻の生育を著しく促進するが、通常、共存する硝酸化成菌により酸化されて定量的に硝酸となりその際多量の酸素がアンモニアの酸化のため消費され(4NH+4+902->4HNO3+6H2O)酸欠状態となる上、培地のpHを著しく低下させまた菌の増殖とそれを捕食する動物の繁殖などにより水質を悪化させ、藻の死滅を招くことがある。また、少量のアンモニアは生育を正常に促進するがアンモニアを主要な窒素源としたとき、急激に成長して死んでしまうことがある。このことは亜硝酸の生成の可能性も含めて、MnとZnの濃度(嫌気状態で増加することが多い)に対する感受性と似たところがあり、車軸藻の生態と関係しているのかもしれない。

2 Minor Ingredients A

Compounds  Formula Final Concentration
MnEDTA       10 mM(0.3mM*)
ZnEDTA                                     3 mM(0.1mM*)
EDTA                                      2 mM

注:(*)車軸藻の種類により異なる。 Nitella expansa: Mn 3 mM Zn 1mM , Chara australis: Mn 10mM , Zn 3 mM

 

3 Minor Ingredients B (Minor Elements)

Compounds  Formula Final Concentration
Boric Acid                         H3BO3        10 mM
CuEDTA・3H20                          0.03 mM
Potassium Iodide        0.05 mM
Sodium Molybdate dihydrate   Na2MoO4・2H20       0.01mM
Cobalt Chloride hexahydrate CoCl2・6H20       0.001 mM

4 pH

 初期 pH 5.5


膜電位  通電刺入  プロトプラスト分離法 生物物理学  分子細胞生物学研究室図書館 

 研究統括室ホームページ     分子細胞生物学ホームページ  分子細胞生物学サーバー