研究室主要機器

                  ***おおむね定価100万円以上のものについてあげてあります****  合計約5億円相当テキスト ボックス:  
   バイオ関連 
生体成分分離・精製 
   微量高速液体クロ(Smart System) 
   高速遠心機 
   大型超遠心機 
   真空凍結乾燥機 
   ビーズビーター 



 ・計測・観察機器 
   300kV IP記録分析電子顕微鏡 
   クライオホルダー 
   蛍光X線元素分析装置 
   落射蛍光顕微鏡 
   Wild実体顕微鏡 
   冷却ccd高感度カラーカメラ 
   蛍光分光光度計 

 ・生物観察試料作成(電子/光学顕微鏡) 
   凍結試料作成装置 
   真空蒸着装置 
   包埋試料作成装置 
   クライオウルトラミクロトーム 
   クライオステージミクロトーム 

・生物観察試料作成(電子/光学顕微鏡)
   凍結試料作成装置
   真空蒸着装置
   包埋試料作成装置
   クライオウルトラミクロトーム

   

テキスト ボックス:    電動式フレンチプレス
   電動式ミルシステム
   電動式篩システム
   AktaPrime
Phast System
   大型オートクレーブ
   高速遠心機
   クロマトチャンバー
植物育成機


・物理化学的計測機器
    VCD (赤外円二色性)
    ROA (ラマン光学活性)
    FT-NMR Cryo-Probe
    Gaussian03 クラスタサーバー

 ・構造解析用安定同位体
  標識化合物 
  ( 50 種類 3000 万円相当)
   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分子生物学・生化学用機器

バイオハザード室(P2)

全ての実験室(9スパン、共同利用室を含む)はエアコンによる全室冷暖房完備で、主要実験室・機器室(4スパン)は通年にわたって最適な実験室温度20ー25度Cに終日コントロールされている。

形態観察分析用機器

300kVIP記録ハイコントラスト分析電子顕微鏡(試料作製を含むフルセット、日本電子)

   大学院最先端設備

蛍光顕微鏡FXA(落射蛍光装置(G、B,BV,V,UV励起および2重染色フィルター)、測光装置、写真撮影装置付き、ニコン)

実体顕微鏡(MZ8,ライカ) 落射および透過明暗視野スタンド、傾斜低位置3眼鏡筒、写真撮影装置:MPS28/32

情報関係 

共同利用 (同一キャンパス内)

共同利用 (他キャンパス)

その他(ライフサイエンス機器の整備充実に努めています。

研究設備に関する自慢ばなし

ファルマシアの核酸調製装置、EasyPrepの日本国内販売第一号機を有しています。

 蛍光顕微鏡は当時ニコンが製作した100台のうちから選んだ、プリズムがもっともよく作られたチャンピオン機である。このホームページの巻頭の細胞骨格の蛍光写真はこの顕微鏡で撮影したものである。

 300kV電顕のJEM3010-HCは日本電子製作の第一号機であるとともに、予算措置額は医学部も含めた愛媛大学開学以来最高である。

 
 
 

 


分子細胞生物学の表紙に戻る

分子細胞生物学部門のページ

English version