特別講演会

特別講演会

 

―漁業資源の先端的生命科学研究がもたらす応用展開―

2008年 723()

会場:愛媛大学農学部大講義室(参加無料

 

プログラム

 

開会の辞                                   1250

講演                                        13001740

 

1.フナに学ぶ水産バイオテクノロジー 水産学博士 小野里 坦

信州大学名誉教授、松本微生物研究所顧問 要旨(ワード) PDF

農林水産省養殖研究所遺伝育種部長   ・・・13:00-15:00

 

2.「魚類成長ホルモン研究が解明したメタボリックシンドローム関連遺伝子群の協調進化 農学博士 阿部 俊之助 愛媛大学農学部分子細胞生理学分野教授 特定非営利活動法人 資源・環境対策協議会 理事長

          要旨(ワード) PDF     ・・・15:00-16:00

 

3. タンパク質構造の魚類養殖における利用」 理学博士 森田勇人 

愛媛大学総合科学支援センター准教授(農学部併任)

()アドメテック取締役 要旨(ワード) PDF ・・・16:00-16:30

 

4. エコバイオティクス−漁場環境改善のソリューション 要旨(ワード) PDF

薬学博士 笹平 俊  松本微生物研究所 専務取締役・・・16:40-17:40

 

総合討論 17:40-18:00

 

交流会 18:102000 (農学部喫茶: 会費2000円) 

参加者は事前に下記ファックス宛にお申し込みください。

 

主催: 愛媛大学農学部分子細胞生理学分野、松本微生物研究所

愛媛大学総合科学支援センター樽味ステーション、

共催: 特定非営利活動法人 資源・環境対策協議会

問い合わせ先:松山市樽味3-5-7 愛媛大学農学部分子細胞生理学分野

電話:089−946−9853

ファクス:089−977−4364 (交流会申し込み)

 

ポスターのダウンロードJPG PDF)  講師写真付(JPG PDF)
 

主講師プロフィール

氏名 小野里 坦(おのざとひろし)

昭和37年 北海道大学水産学部卒 その後同大学の修士、博士課程をへて

昭和42年 日本学術振興会奨励研究員

昭和43年 北海道大学助手 その後助教授をへて

昭和61年 農林水産省養殖研究所細胞工学研究室長 その後遺伝育種部長をへて

平成 6年 信州大学教授

平成17年 同大学名誉教授 鰹シ本微生物研究所顧問

 

もどる(分子細胞生理学研究室)  松本微生物研究所へのリンクはこちら

創薬・医療機器ベンチャーアドメデック−新しい癌治療の確立に向けて−


Since 2003
ヒット カウンタ